ABSCURA is a word I combined ‘abstract’ and ‘obscura’. The idea to recapture the existence of family, home, self and identity firstly emerged in 2014,

the year I returned to Asia after studying and working in England.

I longed for a connection and a life related to my homeland, people I was born to, whom I was in love with.

 

This series includes self-portraits, pictures of places I considered as ‘home’, landscape as bodies where light traveled through and my parents - especially during a short period when they visited my apartment in Tokyo. The project gradually developed into an investigation into the presentation of bodies, memories embedded beyond visual images, and how the sense of space got related to.

東京で一人暮らしのアパート。それは玄関に入ったら、キッチンもベッドも、

スーツケースも下着も全部そこにあるのが見える四面壁に作られた箱のような部屋。

ABSCURA − abstract と obscura を組み合わせた造語、抽象的な暗箱。

生の実存を見つめたいだけが故にあった視線。


ただ目を閉じれば、世界は丸くても四角くても、八角でもあり得た。
輪郭が消え、陰影として、光として滲み出て、時間の中には浸透と腐蝕が進行する。

更新されながら老化していく身体に、過去の経験が
燃えあがる感情、執拗な印象と追憶として、時制から離脱して「いま」として浮かび上がる。

空間に乗り込む身体、身体を切り開く行為、行為から生まれるイメージ。
切り結び、折り畳まれていく時間。物語なき叙事詩