Born in 1988, Harbin, Heilongjiang Province, China.

Concerned with the relationship of individual memory and collective memory. Her perspective has been presented through a range of media including Drawing, Collage, Photography, Video, Text and Installation.

Pursuing the existence and trails of both human and non-human individuals, whose presence have become obscure in the post-war capitalist system and urban planning, LILY takes approaches reaching for connections to a larger circulation and ecology. Her work inspires consciousness upon visions transcending the social values primarily defined by the mass media and commercialism.

1988年中国黒龍江省ハルビン市生まれ。

日本とイギリスでの留学と勤務経験を経て、東京を拠点に制作活動を行なっている。個人的な記憶とコレクティブな記憶との関係性について問題意識を持ち、ドロイング、コラージュ、写真、映像、テキスト、インスタレーションによる作品を発表してきた。市場経済の中に失われる個の存在と痕跡を求め、商業主義的な思考やマスメディアに定義される社会性を超え、より広い循環と宇宙観を意識させる作品づくりに取り組んでいる。